お問い合わせ・資料請求

アントロキノノールとは

アントロキノノールの希少性

アントロキノノールとは

分子

2006年台湾の固有種ベニクスノキタケから世界で初めて発見・抽出された小化合分子です。その分子量は(390g mol-1)と小さく、体の隅々に浸透することができます。

科学的にはシクロヘキサンケトン化合物で、全く新しい低分子構造を持っています。

100億円以上研究開発資金を投入

研究

アントロキノノール®の有用性についてはこれまで10年以上にわたり研究がなされており、開発資金は累積で100億円を超える規模となっております。

そして、研究チームはこれまでの経過から、アントロキノノールが、健康にとって非常に大きな可能性を持つことが分かってきております。

アントロキノノールとは
仙樹堂 お電話でのお問い合わせ 0120-780-838 メールでのお問い合わせはこちら