弊社商品の「アントロキノノール」は現在、北米にて研究開発および各種試験が継続して行われております唯一無二の成分です。お求めの素材か否かのご確認をご希望の際は、弊店までお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

About

健康補助食品ANTORO -アントロ

アントロキノノール

アントロキノノールとは


アントロキノノールとは、2006年台湾の固有種ベニクスノキタケから世界で初めて発見・抽出された小化合分子です。その分子量は(390g mol-1)と小さく、体の隅々に浸透することができます。
科学的にはシクロヘキサンケトン化合物で、全く新しい低分子構造を持っています。

100億円以上の研究開発資金を投入


アントロキノノール®の有用性についてはこれまで10年以上にわたり研究がなされており、開発資金は累積で100億円を超える規模となっております。
そして、研究チームはこれまでの経過から、アントロキノノールが、健康にとって非常に大きな可能性を持つことが分かってきております。

様々な学術誌に掲載されている
アントロキノノールの研究論文


アントロキノノールの研究は、その発見から今日まで繰り返し国際的な学術誌に掲載されています。
こうした学術誌では、研究者から投稿のあった論文を専門家がチェックし、価値のある研究かどうか、内容や結果に信憑性があるかどうか確認して掲載しています。こうした検証を「査読」といいます。したがって、掲載されること自体が、科学的に一定の評価を得たと言えます。
これまで掲載された主要な学術誌の一部をご紹介します。

2007年 Planta Medica
2010年 Biochemical Pharmacology
2011年 Mutation Research
2011年1月 Journal of Nutritional Biochemistry
2011年2月 Free Radical Biology & Medicine
2012年1月 Arthritis & Rheumatology
2014年9月 Biomedicine & Pharmacotherapy
2015年9月 Scientific Reports
2017年1月 Journal of Clinical Oncology
2017年4月 Journal of Pharmacy and Nutrition Science
2018年10月11日 Nutrients
2019年1月 Chemico-Biological Interactions
2019年5月26日 Journal of Clinical Oncology
2019年8月23日 Journal of Food Science
2020年1月15日 Int J Nanomedicine
2020年10月19日 Oxidative Medicine and Cellular Longevity
2021年5月28日 Journal of Clinical Oncology

※いずれの学術誌も権威があり、アントロキノノールに関するこれまでの研究成果が発表されております。

ヒト安全性臨床試験をクリア


ベニクスノキタケは、世界でも台湾だけに自生しているという大変めずらしいきのこです。学名は「Antrodia camphorata(アントロディア・カンフォラタ)」といいます。サルノコシカケと同じ科で原産地の台湾では「樟子(しょうし)」と呼ばれています。その色は鮮紅色から褐色で、希少性から「森のルビー」「森の宝石」などと呼ばれています。

生息するのは海抜500メートル以上の高山のみで、クスノキ科の牛樟樹(ぎゅうしょうじゅ)という樹木に寄生します。若木には生えず、樹齢100年を超える老木の洞(うろ、幹の空洞の意味)に寄生します。 食用のきのことは違い1年で1ミリメートル程度しか成長しないため、乱獲によってたちまち絶滅寸前となり、台湾政府が国を挙げて保護に乗り出しています。

乱獲を防ぐため採集が厳しく規制されている今、野生のベニクスノキタケは1キログラム200万円以上の値段がついており、事実上入手が不可能な状態となっております。
そのため、ベニクスノキタケを独自で栽培・培養する技術が求められており、仙樹堂のアントロキノノール含有エキスは長年にわたり培われてきた栽培技術により、ベニクスノキタケを量産しております。

ベニクスノキタケは古来から台湾で健康維持のために
食されてきた経験がありますが、
その歴史だけではなく、現代の科学的方法においても安全性は確認されております。