弊社商品の「アントロキノノール」は現在、北米にて研究開発および各種試験が継続して行われております唯一無二の成分です。お求めの素材か否かのご確認をご希望の際は、弊店までお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

Componet / Safety

主要成分・安全性

主要成分

アントロ1粒あたり (内容量 240ミリグラム/重量 362ミリグラム)

アントロキノノール含有エキス「アントロ」は、以下の成分が含まれております。

栄養成分 具体内容
Antroquinonol
(アントロキノノール)
特許成分であるアントロキノノールが最大量配合されております。
アントロキノノールについてはこちら
1粒あたり、アントロキノノールエキスは3ミリグラム以上含有されております。
多糖類 β-Dグルカン
トリテルペン アントシンA、アントシンB、アントシンC、アントシンE、アントシンF、
アントシンGメチル、アントシンHメチル、ザンク酸D、など200種類。
SOD スーパーオキシドディスムターゼ
核酸 アデノシン
ビタミン ビタミンB、ナイアシン
微量元素 カルシウム、リン、亜鉛、ゲルマニウム
ステロール エルゴステロール

※ベニクスノキタケ由来の類似商品と異なります。 アントロキノノール含有エキス「アントロ」はベニクスノキタケ菌糸体を単純に濃縮したものとは異なり、特殊な成分アントロキノノールが含まれています。この成分は独自の発酵技術と製造方法から発見、抽出可能なものであり、他のどのようなベニクスノキタケ製品にも含まれませんのでご注意ください。

厳格に検証された安全性

`

ヒト安全性臨床試験をクリア


サプリメントとしてヒトが摂取するものは、何より安全性が基本です。
アントロキノノール含有エキスは菌糸体を加工しますが、もともとは自然の生物です。
当社では重金属などの汚染や農薬、何らかの毒性物質が含まれていないか厳格に検査をしております。

アントロキノノール含有のベニクスノキタケ菌糸体粉末の反復投与による安全評価試験

試験対象 健康な成人30名
試験方法 被験者30名に90日間、アントロキノノール含有エキスを1日2回経口投与し、測定値の平均変化を評価します。
評価項目 SGOT(AST)、SGPT(ALT)、アルブミン、グルコース、クレアチニン、尿酸、コレステロール、TG、γ-GT、アルカリホスファターゼ、総ビリルビン、D-Bil、BUN、TP、GLOとバイタルサイン(心拍、血圧、体温)
結論 90日間の摂取後も検査測定値は変化しませんでした。治験期間中、被験者のバイタルサインは正常で、全試験期間を通して、有害事象は発生しませんでした。このことから健康な成人が長期に渡り、毎日アントロキノノール含有エキスを摂取しても安全であることが示されました。

動物試験と試験管内試験によるアントロキノノールの安全性試験

28日間動物毒性試験
マウス及びビーグル犬の
最大耐用量試験
マウス及びビーグル犬に対し、28日間、容量漸増法でアントロキノノールを投与しました。結果、投与量が30mg/kgから100mg/kgまで、毒性所見はみられませんでした。
90日間
動物毒性試験
マウス及びビーグル犬に対し、90日間、アントロキノノールを反復投与しました。結果、投与量が30mg/kgから100mg/kgまで、いずれも全身毒性所見はみられませんでした。
安全性薬理試験
遺伝毒性試験
安全性薬理試験においても異常は見られず、遺伝毒性試験においても、突然変異、染色体損傷、染色体異常はありませんでした。

動物試験と試験管内試験による
アントロキノノールの安全性試験


アントロキノノール含有エキスは、次のいずれの安全性試験においても異常や問題がなく、安心して摂取できるものであることが確認されております。

・残留農薬検査
・重金属検査
・急性毒性試験
・変異原性試験(Ames試験)
・染色体異常試験
・小核試験
・亜急性毒性試験

弊社アントロキノノール含有エキスは、あらゆる厳しい試験をクリアし、高い安全性が確認されております。た栽培技術により、ベニクスノキタケを量産しております。

「アントロ」は安心してお飲みいただけるよう、
科学的に様々な角度から分析、検証がなされ、
安全性が確認されております。